株式投資をする時のスタイル

株式投資をしようとするときには自分のスタイルというのはある程度把握しておくことが重要です。適当に好きな銘柄を購入するというようなやり方もあるのですが、そうではなくてしっかりと自分がどのような方向で株式投資をして行こうとしてるのか、ということを考えるようにしましょう。
難しそうに思うかもしれませんが要するに超短期的に考えて取引したいのか、長期的に考えて投資したいのが、その間の中期的に考え方を持って行うということもあるでしょう。
なんだかんだでものすごく人気があるのがデイトレードと呼ばれる短期的な取引になるわけですが、素人がいきなりそういうことをするというのは全くオススメできないことになります。
だからといって長期的に考えればリスクが低いのかと言うとそうでもないです。株式市場においてもやはり浮き沈みというのがあります。ですから、長期的に持っているということが必ずしもリスクを下げる方法というわけでもなく、安定株と呼ばれているものを長く持つということが一番安心できるということでもないわけです。
結局のところ実際どうするべきかというのは、本当に自分のやり方次第ということになります。配当金狙いということもあるでしょうし、仕手筋が狙っている荒れている銘柄を目ざとく見つけて、波が収まる前に売り抜けるというようなやり方も良いでしょう。
一つのスタイルにこだわる必要性が絶対的にあるというわけではないですし、柔軟に取引をしていくということができるようになりますとそれが最高ではあるでしょうが、なかなか素人がそういうことを考えることは難しいという側面があるわけです。
ですから、色々と自分なりの考え方で銘柄を選んでいくということができればすぐに成功するというわけではないにしても、最終的に成功するという可能性は高くなることでしょう。
確たる自分自身の中の投資の方法や方向性というのを見つけるということが株式投資の基礎となることでしょう。
他に細かいとこで考えなければならないのはどの証券会社を選ぶのかということやしっかりと様々なメリットのある制度というのを利用することです。
NISAなどがその代表例であるといえるでしょう。これは非課税の投資枠を手に入れることができるものであり、色々と条件があるにしても非課税枠として株式投資を毎年、120万円まで非課税で行うことができるというのはとても大きなメリットであるといえるでしょう。こうした制度はきっちりと利用しましょう。

投稿日: