社員がテレワークで準備すべきこと

働き方改革、効率化を図る上でテレワークは社員にとっても非常にメリットがあると言えるでしょう。もちろん営業職でどうしてもお客さんと向かい合って仕事をする必要があったり、製造業で現場があるのであれば仕方ないのですが。 ではテレワークを行うにあたって社員側が準備すべきことにはどんなことがあるか具体的に挙げていきたいと思います。 まだまだ日本社会がテレワークを本格的に推進するにあたっての課題もありますが個人で解決すべき問題もあります。例えばパソコンや自宅のインターネット環境は自己管理すべきかもしれません。もちろん、テレワークがメインになってくるとネットワークの環境さえも会社側である程度負担する人が出るかもしれません。もちろんこれは、自宅で仕事を行う以上成果を生み出すための投資として会社も取れるでしょう。しかしながらそれ以外の自宅で仕事をするにあたってのデスクや椅子、プリンターといったところは企業として負担することはできないと思いますあくまでも自己完結をすることは重要です。 さらに、家族とのコミュニケーションを図ることもテレワークを推進する会では大きなポイントになってくると思います。何といってもライフ&ワークバランスを考えた場合に自宅でテレワークをする事は家族にとってもある意味負担になる可能性があります。特にオフィスワークをできる部屋を確立できなければどうしても家族がテレビを見たりゲームをしたり、お客さんがお見えになったりするときに活動を制限されるからです。そんなときのために自分自身で仕事ができる場所を確保することもある意味ビジネスマンとしての嗜みになってくるかもしれません。結果的にいかに時間を効率的に使えるようになり、仕事を効率的に進められるようになっても家族とのコミュニケーションがうまくいかなければ元も子もありません。 さらに、簡易のオフィスを構築すると言う意味では文房具を揃えたり、プリンターを揃えたり、小物も揃える必要があると思いますが場合によってはこの辺も会社が初期投資として最低限を買い与えることも必要になってくるかもしれません。しかしながら職能によっては自分自身で準備すべきものも多くある程度相談しながら進めていく必要があると思います。 いずれにしてもテレワーク推進するにあたって自己投資を行うことも必要になってきます。何が自分自身で準備すべきかを明確にしてきちんと準備をすべき必要があるでしょう。 

投稿日: