ソーシャルレンディングやゲインチェックの副業

ソーシャルレンディングでは、事業者が企業などに貸付ける資金に対し、利用者が出資します。ゲインチェックの副業では効率の良い投資が実践できるようです。従って、事業者は融資先に対して必ず貸付期間を設定し、利用者はその期限まで資金を預けることになります。ところが往々にして、ファンドの貸付期間が満了する前に、融資先から貸付残高が全額返済されることがあります。

融資先から貸付金が回収されればファンド自体が消滅し、早期償還と言って、出資金はその時点で利用者に償還されます。

●融資先が早期償還を行う理由
ソーシャルレンディングでは、融資先が貸付金の返済を遅延していると、事業者が融資先に対して貸付残高の一括返済を請求することがあります。

ただ、早期償還が行われる場合、その理由のほとんどは、融資先自ら貸付金を早く返済したものです。融資先があえて保有している「期限の利益」を放棄してまで繰上返済をする理由には、以下の2つがあります。なお、期限の利益というのは、決められた期限までは借入金の返済を請求されることは無いというものです。
1.借入金の使途が消滅
2.銀行からの借入

1.借入金の目的が消滅
例えば、融資先において、借入金の目的であったプロジェクトが中止されると、借入金が必要なくなります。そうなると、借入金に対する利息を支払うのは損するため、融資先は借入残高を即時に全額返済することになります。

2.銀行からの借入
通常、ソーシャルレンディングの貸出金利は銀行などの金利よりもかなり高率になっています。従って、銀行から低い金利で借入ができるようになれば、高金利のソーシャルレンディングからの借入は必要なくなります。当然、金利の低い方から借りた方が、企業は支払う利息額を少なくすることができます。一般的に、ソーシャルレンディングは銀行からの借入ができるまでの、「つなぎ融資」として利用されることが少なくありません。

●利用者における早期償還のメリット
早期償還が行われた場合の利用者のメリットとしては、以下のことが挙げられます。
1.リスクの解消
利用者におけるソーシャルレンディングの最大のネックは、資金を消失する貸倒れというリスクです。その点、早期償還は出資金が全額返還されるため、リスクが解消されます。

2.資金の流動性のアップ
ソーシャルレンディングは貸付期間が満了するまで、契約の解除また出資金の引出しができないシステムになっています。つまり、その期間は資金を動かすことができません。資金を回転させる流動性の面では、弱点と言えます。それが、早期償還によって資金が早く返還されれば、その資金で他の投資に回せるため、資金効率が向上します。

●早期償還のデメリット
早期償還によるデメリットは、当初の計画で予定していた利益が取れなくなるということです。